初めて自分で確定申告をしてきました

初めてはドキドキですね

税務署ってなんか怖いですよね。
税理士さんにお願いしてた時期もあったのですが、
今回は一時所得があったのでちゃんと納税してきました。
年末調整はしていたのでおそらく簡単だったのかなー。

先に言っておきますが、対応はすごく丁寧にしてくれました。
変に斜めに構えて行くのはやめましょうw
書類作っていけばすぐ終わります。

まず気づいたら早くやりたいんですが、
期間が決まってるんですね・・・
納付する場合は特定期間に行くといいみたい。
(本当にわからない人は説明会などもやってるようです。)

平成28年分の申告は

2017年(平成29年)の期間・納付期限
確定申告期間 2月16日(木)〜3月15日(水)
所得税 3月15日(水)まで
消費税 3月31日(金)まで
予定納税 第1期分 7月31日(月)まで
第2期分 11月30日(木)まで

還付(年末調整)のような処理だけであれば、
いつでもできるらしいけれど確認してからにしましょう。
(いつでもできるって知ったかぶりの人に言われて失敗しそうになりました)

難しそうだけれど実はめっちゃ簡単にできた

有料やクラウドサービスありますが
フリーランスや自分で細かい申告が必要なパターンのみで、
会社員や会社で年末調整した場合で追加で必要な人は
直接国税庁のWEBフォームから入力した方が早いと思います。
(結構ちゃんとしたわかりやすいシステムでした)

  • 準備必要なもの
    — 源泉徴収票(原本) (デジタルデータの場合は印刷して終わり。)
    — マイナンバーの通知カードかマイナンバーカード
    — ★印鑑押す場所を忘れない様に
    くらいかな。

相談などする前に、まず自分でできるところだけWebで埋めて
持って行った方が断然早いと思います。

ここから作成開始を押して入力していくだけ。
https://www.keisan.nta.go.jp/h28/ta_top.htm#bsctrl

最後に印刷すると必要な書類の確認用のシートも出てくるので
印刷して確認して持っていきましょう。

忘れそうになったので・・・
★印鑑押す場所を忘れない様に

税務署に行ってみて

  • 持って行くもの
    — 全ての書類
    — 本人確認用の書類に書いているものを持って行く

まず入ると、申込書的なやつに名前と住所を書いて
作成した印刷したものを渡して確認してもらった後に
納税する場合は「納付もしたいんですが・・・」

と言うと、納付書もくれました。
おもて面に金額を記述して、裏面もあったので記述します。

そして納付場所に持って行くと確認後バーコード付きのシートをくれるので
そのバーコードを読み込んで、ATMのような機械に払いこむだけです。

終わったらもう一度納付済みの確認票が出てくるので、
それを渡して領収書的なものをもらって終わりでした。

最後に

ちゃんと控えなどはとっておきましょう。

WEBから処理してなくて現地で処理する人が多そうだったけれど、
圧倒的にWEBからやった方が早いと思います。

確認してもらって終わりぐらいのノリでした。

僕を含めて初めての人は
無駄なストレスたまりやすいと思うので
準備だけして行くと非常にスムーズかと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加