人工知能とは何か

人工知能とは

ブログで書いたけど、実際なんだっけ?
って思い始めた時に調べてみました。

Wikipediaより

「人工知能」という名前は1956年にダートマス会議でジョン・マッカーシーにより命名された。現在では、記号処理を用いた知能の記述を主体とする情報処理や研究でのアプローチという意味あいでも使われている。
日常語としての「人工知能」という呼び名は非常に曖昧なものになっており、多少気の利いた家庭用電気機械器具の制御システムやゲームソフトの思考ルーチンなどがこう呼ばれることもある。

あれ・・・って思った人もいるんじゃないのかな。
その通りでした?

ぼくは初めて見たとき、その通りではなかったです。

テレビや映画で見る人工知能やAIって人の形をしていて、
人みたいなことを話して人のように行動して
人のように、、
まるで人の・・・

あれ、、、人?
怖いな怖いなーおかしいなおかしいな

人の形をしていない人工知能

知能っていうだけあって、
考え方や思考のみって言葉からイメージすると、、、

たしかに思考ルーチンもそうでしょう。
人工知能と呼べるでしょうね。

業界的にはみんな使ってそうな
ゲームAIとかって言葉も正しいと思います。
簡単に呼べますし、便利ですよね。

人工知能がサポート

って書いてるだけであたかも人型のロボットが
向こう側でデータを処理して返してくれてる風

って思ったりしないでしょうか。

ぼくは最初思った人ですwすごいなー
AIとか人工知能って言葉でかなりイメージ膨らみます。

現実は違う

引用:新しい人型ロボット「Atlas」は、いじめられても立ち上がる

このロボットは倒れても立ち上がるプログラムがされています。
以上。

おそらくプログラムされていなければ、
追いかけてもきません。機能は限定されています。

この仕組みの組み合わせ次第で
かなりできることは増えるでしょうね。
人型のお掃除ロボットぐらいは作れそうですね。
(間違えて人を掃除しないようにしてほしいですが)

人型ってだけで襲ってくるんじゃないか。
もっとすごいことするんじゃないのか。
って考えたりしませんか?

なぜそういう思考になるのかはわかりません。

もしかすると遺伝子情報に、
過去にそういうことがあったとか・・・

でも、そういう話はとても好きですw

ちゃんとした人工知能は・・・

ここでは汎用人工知能と呼ばれるそうです。

wikipediaより

日本には人工知能学会があり、オンラインで機関誌も読める。

そうです。

いわゆる、ぼくのような一般の人が思い浮かぶような、
脳と同じような役割をして人のように考えてくる。

まだ実際に実現はされていないようですが、
おそらくトップクラスの人がチャレンジしていることなので
ぼくもワクワクしてます。

今人工知能と呼ばれてるものは

人の動きのうちの一部をプログラミング
もしくは、最近の流行りだとDeepLeaning(深層学習)
と呼ばれるような手法や技術で繰り返し機械学習をします。

データ量が多ければ多いほど
膨大なステップが必要で学習に時間もかかるのですが、
精度はその分、かなり高くなってきます。

傾向などが分析されパターン化されるので
推測したデータ(ニュースレコメンドサービスとかもですね)
が提案されてくると人工知能のように思えますね。

脳のように考えられるのか

脳を再現するのは難しいです。
なぜなら解明されていない部分が多いからですね。
(すでに解明されてたらぼくの誤りです)

脳だと可能かもしれませんが、
人工知能は学習したデータ以上のことを編み出すのは
まあ、難しいでしょう。

囲碁のことを学習したAIが
マクドナルドの店員さんの最適化された業務フローを
提案はしてくれませんし、
子供が友達から英語を教えてもらって
「Oh,My God!!!」って覚えてことを
嬉しそうに話したことをマネすることもできません。
(この辺はぜひPepper君にしてほしいですねw)

あくまで特化されているのです。
人も得意、不得意あると思いますが・・・

Siriはすごいですね

質問すると答えてくれたり検索してくれます。
というシステムですね。

内部は複雑な仕組みにはなっていますが、
人のように答えてくれるのはすごいことだと思います。

一番人工知能っぽいですねー。
人っぽいこと言いますもんね。
人がデータ入れてますからまあそうですよね。

脅威を与える人工知能

天才が集まってすばらしい学習システムを作れば
できるのかもしれません。

Alpha碁の運用コストが30億と呼ばれる世の中で、
脳のように考えて、しかもめっちゃ賢いスマートな情報を
瞬時に計算してくれる。。。
外資系に一人ぐらいいそうですが、、、w

人工知能としてシステムを稼働させておくには
いくらコストがかかるのでしょうか。
考え始めると夢が膨らみます。

でも勝手に農業してくれるロボットの方が
農家の人はもっと夢広がるでしょうねー。

テロや地震を予知してくれるなら
安心してもっと暮らせるでしょうねー。
予知されるとそれはそれで怖そうですが、、、

結局、人工知能とはなんだろう

現時点での人工知能って呼ばれるものは、
便利な提案システムに近いかもしれませんね。
最速で最短ルートで最適化された事柄を提案してくれる。

言葉のインパクトが一気に損なわれますがw
まあ世の中そういうことです。

もしかすると、
あなたのすぐ側に、、、
ターミネーターが存在するかもしれません。。。

ちなみに

ぼくが思っていることだけなので、
すごいことできる人や成果物があるかもしれません。
もしあったら、こっそり教えてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加