人工知能と戦えるのか

人工知能ってつおいの?

引用:shi3zの長文日記

 今のところ、自分で自分と戦って学習するところを主に実装中とのことですが、実際に試すには50GPUで34億回学習させないとならないらしい。34億回って・・・・

これってどういうことか

1つの動作に対してこれだけ学習することができれば
囲碁のプロ棋士と戦えるってことですね。

他の領域もそうでしょう。
単純動作ものに関してはこの特異点超えて達成できると思います。

でもここには戦略性や解説、
その間のプロセスを説明してくれる術はいまはないでしょう。

計算によって導かれた答えです。
前の手がこうだったからこうだろう。
この先の手をこう打てば勝てる。を機械的に処理してくれているのでしょう。
(細かい処理入れたらきっと大丈夫だろうけど勝てるもの優先したいですよね。)

世界を滅ぼす人工知能

シンギュラリティって話がよく出てきてますが
両手に銃と自動で殺戮を繰り返すことが可能なデバイスがあり
それに世界の滅ぼし方を教えこめばきっと凶悪なロボットができるでしょう。

うまく防御して攻撃をうまく行う。
作った人さえもやられてしまう諸刃の剣ができそうです。
また物理的な限界もあり、
負けてしまうと判断したら自爆すれば使命としては最強でしょう。

考えるだけで恐ろしいですね。
そうやって作っている人が仮にいたら阻止すべきだと思います。

阻止する方法を見つけるAIと防ぐAIができればどうなるでしょう。
きっとロボット戦争がおきるでしょうね。人を巻き込んで。

なんて映画みたいなこと考えるのはやめて

人として子孫を残す、幸福を感じる、人として生きるために
最高の体験を提供してくれるAIが誕生してくれるのを楽しみにしています。

そんな時代ってくるの?

自然環境を自動で豊かにして農業の自動化や
衣食住に困らなければ人は困窮することもないでしょう。

人が足りないからできないという領域に対して
そういう動きをより一層できないものでしょうか。

社会福祉で人が関わる必要があるところ。ないところ。
保育士さんがロボットになったら怖いですよね。
(人間でも怖いですけど)

でも豊かな心で豊かな保育士さんが子供を見届けてくれるための
人に対しての豊かにする底上げという観点でうまく考えができないのかなー。

ってずっと考えています。
お金も大事ですけど、お金がなくても暮らしていけて
毎日幸せを感じることができるのであれば、
もっとみんな楽しく新しいことを考えて創造的な暮らしができるんじゃないのかな。

どうなればいいんだろう

欲しい車を人工知能が作ってくれて
欲しいご飯を人工知能が作ってくれて
好きな人と好きな時間に会えて
独創的なものを考えたいときはサポートしてくれる。

豊かな心や豊かな環境で堕落せずに
すばらしいものを考案した人は表彰されるべきでしょう。
今はできない人に対しての圧が強すぎますよね。
弱肉強食というかなんというか。
貧困で暮らしてきた人が損をする時代だと思ってます。
もちろん考え方と行動次第でいくらでも上は目指せます。

人って残酷ですよね

失敗したとしても、人だから仕方ないよね。
次防ぐためにどうやって考えようか。(ニコっ)
仕事ではこういう動きが正しいと考えられているし、
普段の生活でもこうあるべきですよね。

それだけできっといいのに必要以上に執拗に責めてしまう。
心を社会的に一番最初に改善するだけで
正のサイクルがうまれてくるんじゃないのかな。

当然、悪影響を及ぼす影響範囲が大きい場合は
社会的制裁が必要なものはありますが、
根本的になくすための方法はほとんど改善されていません。

だいたいの方法がその場しのぎで
衝動的にまた繰り返してしまうループからは
抜け出せていないと思います。

あたかも人工知能と戦う風潮

敵対化する不安な話がとても多いですが、
一人の人生の先に伸びしろを作る方法を
AIがサポートしてくれる時代。
そんな世界になればいいなー

まあ不安になる話の方が人は気になるから
調べる=メディアが活性化する
ってことでビジネスは動くんですが
世の中の週刊誌もポジティブな話題で
もっと行きたいですよね。
それが賞賛される世の中がいいと思っています。

明るいポジティブな未来を作っていきたい

大切な人が笑ってる瞬間がきっと人間は好きですよね。
特別な変な感情が目覚めておかしくなった人は別ですが。
(これにイラっときた人は自分でもおかしさに気づいているので気を付けましょう。)

親友や友達や両親がネガティブだと悲しいですよね。
親だと、子供がネガティブな心だと悲しいですよね。
ネガティブな心を消してくれる時代はこないかなー
なーんておじさんは考えています。
不安が消えるんですから。よりよい未来を気持ち良く想像できるはずですね。

どうせ世界は自分がいなくなっても存在し続けるなら
もっとポジティブなことでみんなで人生を楽しんでいきましょう。

今一人ぼっちだと思っていても、何かを始めるだけで仲間は生まれます。
一歩をポジティブに踏み出すだけで幸福になる可能性が無限大と思ってます。
そうなればみんなで助け合って人生全うできるイメージ湧いてこないですか?

ぼくは沸くタイプなので、これから先何かしら貢献したいと思います。

最初の表題の答えとしては

決して戦うべきではない。
助け合う仲間にすればいいだけですね。
中国の三国志とかで、
敵なら仲間にすればいい的なこういう話ってなかったっけ。

三人寄れば文殊の知恵
AI寄れば無限の知恵になればいいんじゃないですかね。

ま、ただのエンジニアなんでどうでもいいんですけどね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加